ルスツリゾートってこんなにすごい!

羊蹄山麓の高原地帯にある通年一大リゾート

ここはまるで「遊び」のテーマパーク。

冬はゲレンデ、そのほかは遊園地・・・
なんて思っていませんか?
大間違いですよ!

>> ルスツリゾートの地図

ルスツリゾートルスツリゾート

by 一休.com


■ 一年中遊べる北海道のリゾート!!

実はルスツリゾートのある場所って「村」だって知ってました?
「留寿都」と書いて「ルスツ」と読みます。
そう、ここは「留寿都村」という豊かな自然に恵まれた農村です。

そしてその自然を生かして生まれたのがルスツリゾート
北海道の四季とルスツの環境を余すことなく利用することによって、一年を通して誰もが楽しめる一大リゾートが誕生したのでしょう。

春から秋にかけてのお楽しみ

ルスツリゾートルスツリゾート

まずルスツリゾートは道内最大の遊園地。

一日遊んでも足りないくらい、
子供から大人まで楽しめます。

コンセプトは「家族」「カップル」
そりゃあそうですよね
一人で絶叫マシーンで悲鳴を上げても空しいですから・・・

ゴールデンウィークにかけてのアクティビィ

ルスツリゾートはまだちょっと寒いけれど「ラフティング」
北海道の春を空から見渡せる「パラグライダー体験」
ゴルフ好きの方には待ち焦がれていた季節。4コース72ホールがそろそろオープン。
「乗馬体験」「トレッキング」「マウンテンバイクツアー」・・・まだまだ

身体を動かすのは苦手・・・でも大丈夫。
「陶芸体験」「クラフト」「木の葉プリント」「いももち作り」「アイスクリーム作り」「燻製作り」などなど。
ほら、あなたもやってみたいことがあるでしょう!

■ リゾートのくつろぎ

タイプの違うルスツリゾートのホテルにはそれぞれ特徴があります。

この広大な高原に厳然とそびえるルスツタワー。こちらは地上23階。視界をさえぎるものがないので眺望360度!
お部屋は・・・
メゾネットタイプ。リビングとベッドルームでフロアが別れています。
憧れてしまうメゾネット。
ホテルの室内で「階段」ですから・・・

一方対照的にノース&サウスウイングは、
敷地の広さを贅沢に使って様々なアクティビィに対応できる施設が整っています。

ルスツリゾートならではの広さかもしれません。

■ リゾートのお値段は・・・

さて、それでは気になるルスツリゾートのお値段は。

ちょっと驚きです。

もちろん、季節やイベント時期によって異なるのでしょうが・・・
通常料金よりもお安くて、さらに春まで(スキーシーズン中)はリフト&ゴンドラ乗り放題!
(ちなみに、通常料金にリフト&ゴンドラ料金は含まれていません。)

さすがにちょっと驚いて疑ってしまいましたが・・・

ただし、シーズンによって料金に違いが生じることがあると思いますので、ご確認くださいね。

ルスツリゾートの格安宿泊プラン比較

  • 一休価格
  • JTB価格
  • 一休価格
  • yahooトラベル価格
  • るるぶ価格
  • 北海道旅行なら

  • ルスツリゾートホテルに泊まるツアー
  • ■ ルスツリゾートへのアクセスへのアクセス

    〒048-1711 北海道虻田郡留寿都村字泉川13

    道内主要地から車での所要時間
    • 札幌から(R230) … 1時間30分
    • 室蘭から(R37・R230) … 1時間30分
    • 千歳から(道々16→R276・R230) … 1時間40分
    • 苫小牧から(R276・R230) … 1時間30分
    • ニセコから(道々66) … 30分
    • 洞爺湖から(R230) … 45分
    直行バス(ビッグランズ号)
    • 新千歳空港←→(支笏湖経由)←→ルスツリゾート
    • 札幌市内ホテル←→ルスツリゾート(冬シーズン)
    路線バス
    • 札幌←→ルスツリゾート←→洞爺湖温泉
    • 道南バス・じょうてつバス 1日9往復

    ※お問い合わせ : 道南バス じょうてつバスTEL(011)572-3131


    上記以外のルスツの宿 じゃらん.net  るるぶトラベル  JTB  Yahooトラベル

    当サイトにてご紹介している 一休.com において宿泊予約をされる場合は、登録料・年会費・利用料など一切無料の会員登録が必要です。

    じゃらんnetにつきましては無料会員登録をすると、次回より使えるじゃらんポイント還元がありますが、非会員でも宿泊予約可能です。

    格安ホテルの予約方法は → 一休.com  じゃらんnet  JTB  YAHOOトラベル  るるぶトラベル

    画像提供:一休.com